トップその他 > 【小ネタ】1月と年始行事にまつわる難読漢字  いくつ読めますか?

記事

記事アイコン

2014.01.10

【小ネタ】1月と年始行事にまつわる難読漢字  いくつ読めますか?
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

1月はおめでたい年中行事が盛りだくさん!


1月はおめでたい年中行事が盛りだくさん!

皆さま、松の内はいかがお過ごしでしょうか?

 

ちなみに自分は7日、(うっかり)七草粥の材料を買い忘れており、急いで24h営業のスーパーにインスタントの七草お吸い物の素を買いに走りました(苦笑)。

お湯を注ぐだけで青々とした七草入りのお吸い物ができるとは…便利な世の中になったものです(そこか)。

 

1月は1年の中でも伝統行事やお祝いの行事が多い月。

1月11日に鏡開きを行なう地域の方も多いのではないでしょうか?

13日は成人式も控えています。

 

今日は1月と、1月の年中行事にまつわる難読漢字をご紹介。

皆さま、全部読めますか?

 

 

 



 

 

 

 



~1月の月の異名~

 

 睦月        

旧暦/新暦1月の別名。親族一同集って

宴をする「睦び月(むつびつき)」の意。

 

他にもお祝いや農耕にちなんだ月の異名がたくさんありますが、

今月は割愛します。(他にもいっぱいあるので)

 

 


~1月の月の異名~

 

 

 



~年のはじめに~

 

 初鳥     

 元日の早朝に聞く鳥の鳴き声。

 

 御降    

 正月の三が日に雨や雪が降ること。その年

は五穀豊穣になるとされ富正月ともいう。

 若水   

 元日の朝に始めて井戸から水を汲んで

神棚に供えします。

 初手水   

 元日の朝、若水で顔や手を洗い清めること。

 

 大服茶    

 元日に若水でたてた茶。梅干や昆布などを

入れて飲む。福茶。

 屠蘇 

 延命長寿を願って飲む薬酒。「邪を屠(ほふ)り、

身体を蘇らせる」という意味。

 歯固 

 正月の三が日に延命長寿を願い、餅や大根

などの固いものを食べる風習。

 年賀 

 新しい年が明けたことをお祝いすること。

 

 


~年のはじめに~

 

 

 



~お正月のお参り~

 初詣    

 年が明けてから初めて神社や寺院などに

参拝する行事。 

 白朮詣    

 元旦に八坂神社(京都)の白朮祭に参詣する

こと。白朮とはキク科の薬草で厄除けになる。

 歳徳神  

 陰陽道でその年の福徳をつかさどると

される神。年神。

 恵方  

 その年の歳徳神が在位する方角。その年の

恵方に当たる社寺に初詣することを恵方詣という。

 獅子舞    

 獅子頭をかぶって舞う伝統芸能の一つ。

獅子に頭をかまれるとその年は無病息災。

 

 

 


~お正月のお参り~

 

 

 



~七草粥に入れる春の七草~

 芹     

 解熱、食欲増進、リウマチなどに良いと

されている。 

 薺    

 別名ペンペングサ。止血、利尿、下痢や

便秘などに良いとされている。

 御形    

 別名ハハコグサ。咳、痰などに良いとされ

ている。 

 繁縷  

 別名ハコベ。腹痛薬としてや歯槽膿漏の

予防などに良いとされている。

 仏の座    

 現在はコオニタビラコ(キク科)といい、食物

繊維が豊富。現在「仏の座」と呼ばれる花

(シソ科。食用ではない)とは異なる。 

 菘 

 カブ。消化促進、利尿、便秘、鎮静などに

良いとされている。

 蘿蔔 

 ダイコン。風邪予防、消化促進、利尿、

美肌などに良いとされている。

 

 

 

 


~七草粥に入れる春の七草~

 

 

 



~松の内・小正月とその後~

 松の内      

 正月の松飾りを立てておく期間。

だいたい関東は7日、関西は15日が多い。

 飾納     

 松納ともよばれ、正月飾りをとること。

6日や14日に行なう地域が多い。

 鏡開き    

 松の内後、年神や仏に供えた鏡餅を下げて

食べる行事。11日や20日に行なう地域が多い。 

 小正月  

 正月15日の行事。朝に小豆粥を食べましょう。

 

 左義長    

 正月15日ごろ、新年の飾り等を燃やす

火祭りの行事。どんど焼きなど、全国で

呼び名が違う。

 注連貰  

 左義長に正月飾りの注連縄や松などを

子供たちが家々から貰い集めること。

 鳥総松 

 新年の門松を取り払ったあとの穴に、

その松の一枝を挿しておくもの。

 松過 

 松の内が過ぎての数日間のこと。

 

 

 


~松の内・小正月とその後~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



いくつ読めましたか?

 

 

答えは↓

 

~1月の月の異名~

睦月   

 (むつき)  

 

 

 

~年のはじめに~

 

 

 

 初鳥     

 (はつどり・はつとり)

 御降    

 (おさがり)

 若水   

 (わかみず)

 初手水  

 (はつちょうず)

 大服茶    

 (おおぶくちゃ)

 屠蘇 

 (とそ)

 歯固 

 (はがため)

 年賀 

 (ねんが)

 

 

 

 

 

 

 

~お正月のお参り~

 

 

 

 初詣    

 (はつもうで)

 白朮詣    

 (おけらまいり)

 歳徳神  

 (としとくじん) 

 恵方  

 (えほう)

 獅子舞    

 (ししまい)

 

 

 

 

 

 

~お正月のお参り~

 

 

 芹     

 (せり)

 薺    

 (なずな)

 御形    

 (ごぎょう)

 繁縷  

 (はこべら)

 仏の座    

 (ほとけのざ)

 菘 

 (すずな)

 蘿蔔 

 (すずしろ)

 

 

 

 

 

 

 

~松の内・小正月とその後~

 

 

 

 松の内      

 (まつのうち)

 飾納     

 (かざりおさめ)

 鏡開き    

 (かがみびらき)

 小正月  

 (こしょうがつ)

 左義長    

 (さぎちょう)

 注連貰  

 (しめもらい)

 鳥総松 

 (とぶさまつ)

 松過 

 (まつすぎ)

 

 

 

 

 

 

さー、皆さまいくつ読めましたか?

 

新成人の皆さまは、成人式の待ち時間の合間の小ネタになるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

皆さま、よい連休をおすごしくださいませ!

 

 

 

 


いくつ読めましたか?

 
 
 

本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。また、各記事、情報に関する著作権は、その各作成者または提供者に帰属します。