トップその他 > 【小ネタ】12月の難読漢字 年末風物詩の難読漢字 いくつ読めますか?

記事

記事アイコン

2013.12.06

【小ネタ】12月の難読漢字 年末風物詩の難読漢字 いくつ読めますか?
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

もう12月!今年もあとわずかとなりました。


もう12月!今年もあとわずかとなりました。

12月になりました。

2013年も残りわずか。

12月は、

冬至にクリスマス、

お歳暮 大掃除 大晦日…。

年末行事やイベントも盛りだくさん。

既に忘年会の予定がぎっしりという方も多いのではないでしょうか。

 

 

今回は12月にまつわる難読漢字とともに、年末風物詩の難読漢字をご紹介。

皆さま全部読めますか? レッツチャレンジ♪

 

 

 



 
 
月の異名

 

 

 

 

師走

 

僧侶が仏事で走り回るほど忙しい月という意。

極月

 

(旧暦の12月の異名。年が極まる月で有る事から。)

建丑月

 

 (「建」の文字は北斗七星の柄を意味し、その柄が

 旧暦で丑の方位を向く為。)

春待月

 

 (旧暦で春は1月~3月。もうすぐくる春を待ち

 望む月。)

暮歳

 

 (十二月になること、また十二月も押しつまってから

 をもいう。)

臘月

 

 (「臘」は祭の意。語源は中国の言葉で、「今年

 最後の狩りの日を祝う」祭を行った月。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

~冬の味覚・自然・季語の難読漢字~

 

 

浮寝鳥

 

(越冬のため、毎年日本に渡ってきて川や湖沼で

 一冬を過ごす水鳥の群れ。)

鴛鴦

 

(仲が良い夫婦を「○○夫婦」と呼ぶが、鳥類の

 それは冬ごとに毎年パートナー替え。)

 

(カイツブリの古名。潜水が巧みで、夏に「鳰の

 浮き巣」と呼ばれる巣を作る。)

鷦鷯

 

(スズメ目○○科で全長約10センチで日本産で最小の

 鳥の一つ。全体に濃い茶色で細かい黒斑。)

枯葎

 

(広い範囲にわたって生い茂る雑草が、ものに絡みつき

 枯れ果てたさま。)

河豚

 

(卵巣や肝臓などに猛毒を持つものが多いが、冬の

 代表的な高級鍋料理として広く食べられている魚。)

鮟鱇

 

 (タラの近縁の深海魚。冬の代表的な鍋料理として広く

 食べられている魚。肝も珍味。)

海鼠

 

 (日本や中国には古くから食料や漁・交易の歴史あり。

 内臓を塩辛にしたものは「このわた」。)

牡蠣

  

 (別名「海のミルク」と呼ばれ、鍋にはもちろん、

 フライ・網焼き・生食したりもする。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

特別編~年末風物詩の難読漢字~

 

顔見世 

 

(歌舞伎で年に1回、新規の顔ぶれで行う最初の興行。

 江戸時代は11月、現在も10月~12月頃全国で開催。)

 

臘八会

  

(成道会(じょうどうえ。釈迦が悟りを開いた日を記念

 して行われる法要)の別名。)

薬喰

 

(獣肉食の禁じられた時代、寒中に滋養になる肉類を

 食べることをこういった。)

炬燵

 

(日本の暖房器具のひとつ。ネコは○○でまるくなる~♪

 という歌詞も。)

手焙

 

(小型の火鉢のこと。)

懐炉

 

(懐中に入れて暖をとる携帯用暖房具。)

 

(壺の前で○○○○をすると、その壺の中から何とも

 奇妙な魔法使いが呼ばれて飛び出て。)

水洟

 

(サラッとした鼻水。)

頬被

 

(寒風を防ぐために、頭から両頬を手ぬぐいで

 おおうこと。)

鎌鼬

 

(日本の甲信越地方に多く伝えられる妖怪。つむじ風に

 乗って現われ鋭い傷を受けるが、痛みはない。)

池普請

   

(冬、水量の少ない時に、池底に溜まったごみや

 落葉を除去したり、堀り上げて底を深くしたり

 すること。)

歯朶刈

   

(正月飾りに用いる歯朶(裏白)を年末に刈り

 とること。)

注連作

 

 

(正月の注連縄をつくること。)

 

冬至

 

(昼がもっとも短く、夜がもっとも長い日。南瓜を

 食べる風習がある地域も。2013年は12月22日。)

煤籠

 

(年末の煤払いの日に,老人や子供が邪魔に

 ならないように別室にこもっていること。) 

餅搗

 

(正月用のもちをつくこと。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



いくつ読めましたか?

こたえは↓↓

 

 

 

 

 

月の異名

 

 

師走

(しわす)

極月

(ごくげつ・ごくづき)

建丑月

 (けんちゅうげつ)

春待月

 (はるまちつき)

暮歳

 (ぼさい)

臘月

 (ろうげつ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ~冬の味覚・自然・季語の難読漢字~

 

 

浮寝鳥 

(うきねどり)

鴛鴦

(おしどり)

(にお・に)

鷦鷯

(みそさざい・さざき)

枯葎

(かれむぐら)

河豚

(ふぐ)

鮟鱇

(あんこう)

海鼠

(なまこ)

牡蠣  

(かき)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別編~年末風物詩の難読漢字~

 

顔見世

(かおみせ)

臘八会

(ろうはちえ・ろうはつえ)

薬喰

(くすりぐい)

炬燵

(こたつ)

手焙

(てあぶり)

懐炉

(かいろ)

(くしゃみ・くさめ)

水洟

(みずばな)

頬被

(ほおかむり・ほっかむり・ほおかぶり)

鎌鼬

(かまいたち)

池普請

(いけぶしん)

歯朶刈  

(しだかり)

注連作

(しめつくり)

冬至

(とうじ)

煤籠

(すすごもり) 

餅搗

(もちつき)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さー、皆さまいくつ読めましたか?

 

 

忘年会の小ネタにもいいかもしれませんね!

 

 

 

 


いくつ読めましたか?

今年ももうあとわずか。

あっというまに年の瀬です。

 

新年を迎える準備を整え、

 

 

来る新年をすがすがしくお迎えできたらよいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 
 
 

本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。また、各記事、情報に関する著作権は、その各作成者または提供者に帰属します。