トップその他 > 【小ネタ】8月にまつわる難読単語 いくつ読めますか?

記事

記事アイコン

2013.08.01

【小ネタ】8月にまつわる難読単語 いくつ読めますか?
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

暑中お見舞い申し上げます

 

 

 

 


暑中お見舞い申し上げます

8月ですね。

皆さま暑中見舞いは書きましたか?

親しい友人知人から頂いたかたもおられることでしょう。

 

今回は8月にまつわる、読み方に一瞬戸惑うような単語を集めてみました。

 

皆さまはいくつ読めますか?

 

 



初級
葉月 (旧暦8月=葉が紅葉して落ちる「葉落ち月」が略されて)
穂張月 (稲の穂が張るの月なので)
芭蕉 (前に「実」をつけるとバナナの漢字表記に)
不知火 (蜃気楼の一種。同名の妖怪も。)
芙蓉 (美女の形容としても多用されてます)
茗荷 (シソネギもいいけどコレも)
鬱金 (飲む前に飲みましょう)

 

 

 

 

 

 



中級
隠元豆 (煮豆や甘納豆に最適)
溝蕎麦 (別名「牛の額」。蕎麦によく似た花の名前です。)
解夏 (小説や映画のタイトルにも)
鳳仙花 (熟した実に触れると種がはじけ飛ぶ)
燕去月 (旧暦8月は燕が南に去っていく季節なので)
雁来月 (旧暦8月は去った燕と入れ違いに雁がくる季節なので)
木染月 (木々が色濃く染まる月の意から)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



上級
女郎花 (秋の七草の1つ)
法師蝉 (夏の終わりを感じさせる特徴的な鳴き声)
盂蘭盆 (地域によっては7月だったり8月だったり)
木槿 (夏のお茶花といえば)
(○○のなく頃に)
犬蓼 (別名「アカマンマ」ともよばれます)
懸煙草 (しっかりと乾燥させます)

 

 

 

 

 

 

 

 



いくつ読めましたか?

こたえは↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

初級
葉月 (はづき・はつき)
穂張月 (ほはりづき)
芭蕉 (ばしょう)
不知火 (しらぬい)
芙蓉 (ふよう)
茗荷 (みょうが)
鬱金 (うこん)

 

 

 

 

 

 

 

 

中級
隠元豆 (いんげんまめ)
溝蕎麦 (みぞそば)
解夏 (げげ)
鳳仙花 (ほうせんか)
燕去月 (つばめさりづき)
雁来月 (かりきづき)
木染月 (こぞめつき)

 

 

 

 

 

 

 

 

上級
女郎花 (おみなえし)
法師蝉 (つくつくぼうし)
盂蘭盆 (うらぼん)
木槿 (むくげ)
(ひぐらし)
犬蓼 (いぬたで)
懸煙草 (かけたばこ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さー、皆さまいくつ読めましたか?

みんなが「△◎■×…」とモニャモニャ~っと読んでいる中、辞書ナシですっと読めたらちょっとカッコいいかも!?

 

 



立秋を過ぎると「残暑」です


立秋を過ぎると「残暑」です

8月7日頃を立秋と言います。

ちょうど夏至と春分の中間で、この日を過ぎた暑さが「残暑」と呼ばれます。
 
 
暑いようでも夕暮れに秋の気配が感じられる季節ということですね。
 
 
もうすぐ夏休みという方も多いと思いますが、行楽や運転の際は早めの休憩を交えながら、楽しいひとときを過ごしてもらえればと思います。


 
 
 

本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。また、各記事、情報に関する著作権は、その各作成者または提供者に帰属します。