トップ安心して > フォルダの暗号化はとってもかんたん!

記事

記事アイコン

2013.07.13

フォルダの暗号化はとってもかんたん!
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

家族だからこそ、見られたくないものがある!


家族だからこそ、見られたくないものがある!

教育への配慮から、リビングにパソコンを置いて、家族で共有されるご家庭が増えているようです。

 

でも、たとえ家族とはいえ、

いや、家族だからこそ見られたくないデータのひとつやふたつ

あったりしますよね。

 

 



問題は「保存先」



家族で1台のパソコンをシェアしている場合、

よく家族ごとのログインIDを作りますよね。

 

でも、これだけだとそれぞれが作成したフォルダも中身も見えてしまうのです。

 



とくに「管理者」になっているユーザーは、簡単に中身を参照できます。

パソコンに詳しいからってそんな不平等、ゆるされませんよね!

 



フォルダの中にはもしかしたら見ないほうが幸せ、というデータがあるのかも・・。

なまじ見えていると落ち着きません。



 

そんなときはフォルダごと暗号化してみましょう!

ここではEDというフリーソフトをご紹介いたします。



そこで「ED(イーディー)」で暗号化!

[ED 暗号化]で検索

そこで「ED(イーディー)」で暗号化!

ED(イーディー)はType74 Software氏制作のフリーソフト。
強固な暗号が簡単に掛けられることから、
ビジネスメールのやりとりにもよく使われます。

使い方は簡単!

まずEDを起動し、

暗号化(Encryption)したいフォルダを「E」の部分にドラッグ&ドロップ





パスワードの入力。思い出す際のヒントも忘れずに!



下のようなファイルになり、暗号化されました。



暗号化したフォルダは一見何も変化がありませんが

 



クリックするとこんな具合。ファイルを開くことはできません。



ファイルを見るときは復号(元に戻すこと)をします

暗号化時に設定したパスワードを用いて復号(元にもどす Decode)します。

復号する(元に戻す Decode)には、

フォルダを「D」の部分にドラッグ&ドロップして

パスワードを入力すればOK!簡単です!


ファイルを見るときは復号(元に戻すこと)をします

万が一情報流出したときの備えとしても


万が一情報流出したときの備えとしても

ウィルスやワームに感染したら、個人情報を抜き取られたり

無差別に配信されてしまうかもしれません。

 

セキュリティソフトでの対策はもちろんですが、

暗号化を施すことで万が一の際の備えが万全になります。

 



(Photo by 足成


関連リンク
ファイル暗号化ソフト「ED」

 
 
 

本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。また、各記事、情報に関する著作権は、その各作成者または提供者に帰属します。