トップオトクに > 夏休み前にチェック! 海外旅行先での無料Wi-Fiの使い方

記事

記事アイコン

2014.07.04

夏休み前にチェック! 海外旅行先での無料Wi-Fiの使い方
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加



こんにちは。皆さん、今年の夏はどこに旅行へ行かれますか?
 
地球の歩き方「今年の夏はここに行く!海外旅行人気ランキング」では1位がハワイで2位が台湾、3位はスペインとポルトガル。このあたりはもはや定番といったところでしょう。個人的にはやはり台湾に行きたいわん。
 
ところで、せっかく海外旅行に行くならこれ見よがしにTwitterやFaceBookで現地報告してみたいですよね。 ドンドゥルマ延ばした写真でピースしたり。
国内通信キャリアでは海外ローミングをスマートフォンのオプションとして用意していますがどれも1日3,000円程度と高額!
できればそういうのを使わず安く済ませたいところです。
 
さあそこで調べましたよ! 今回は海外でも無料でWi-Fi接続する方法の紹介です。
 


まず覚えておこう Wi-Fiに困ったらマックとスタバ!

 

世界中で展開するフランチャイズチェーン店はオーダーも楽で頼りになる存在。

中でもマクドナルドとスターバックスは世界のほとんどの店舗にて無料でWi-Fiを提供しています。困ったらここ。覚えておきましょう。



世界の無料Wi-Fiはここだ!

それでは旅行先人気ランク順に紹介します。

 

【1位 ハワイ 】

さすがにアメリカなだけあってスターバックスやマクドナルドが多くまずWi-Fiに困りません。

 

さらに以下施設で提供しているWi-Fiも登録不要で使えるんですよ。

・ホノルル国際空港

・Tギャラリア by DFS(免税店)

・Apple Store

  

 【2位 台湾 】

・taipei free(行政) ※登録必須

 各地域で使える公共Wi-Fiです。登録は必要ですがそれさえ済ませればまず安心でしょう。

・MR.Brown

 台湾で一番多いコーヒーショップ。ここも助かりますよ。

 

 【3位 スペイン 】

・キオスコ ※15分無料

街のそこらじゅうにある新聞や雑貨販売をする小店舗。

 

・ZONA Wi-Fi(公共)

スペインは公共施設などに無料Wi-Fiスポットが多く設置されています。fonのお膝元ですので、そちらを利用できる方はさらに便利ですね。

 

 【4位 フランス 】

・Paris Wi-Fi(公共) ※登録必須

フランスの公共Wi-Fiです。登録は必要ですがこの登録さえすればまず困りません。

 

 【5位 クロアチア 】

クロアチアはカフェが多く、Wi-Fiを提供しているところがほとんどです。レシートの下部にパスワードを記載されていることが多いのでカフェで買い物したらまずチェック!

 

 【6位 オーストラリア 】

制限時間付きで無料提供しているところが多く、ロビーのみ接続可能なホテルも少なくはありません。時間制限はあるものの全ての空港は無料でWi-Fiを使えます。

 

 【7位 イタリア 】

・Provincia WiFi(行政) ※登録にクレジットカード必須

ローマ県の行政の無料Wi-Fiですが身元証明のためクレジットカードが必要になります。

・Free ItaliaWiFi ※登録必須

登録の必要はありますがイタリア全土で1800カ所以上のホットスポットがあります。

 

 【8位 フィリピン 】

格安ビジネスホテル程度でもWi-Fiを完備しています。カフェでもほとんどの店舗にWi-Fiが提供されています。

 

 【9位 インド 】

ホテルでWi-Fiが使えるところが増えてはいますが、高級なホテルになるほど有料で、格安のゲストハウスなどに無料のところがあります。

 

 【9位 トルコ 】

・WiSpotter ※登録必須

 ドルックネットという会社と契約したカフェで接続できます。また、登録にはフェイスブックのアカウントが必要となります。


世界の無料Wi-Fiはここだ!

Wi-FiのPASSを聞こう!

無料で使えてもパスワードが必要というケースは多いようです。そこで各国の「パスワードを教えて」という言葉をまとめました。

 

【 英語 】

Tell me the password for the Wi-fi

(テルミー・ザ・パスワード・フォー・ザ・ワイファイ)

 

【 中国語 】

上网的密码是多少

(シャン・ワン・ディ・ミィ・マー・シー・ドゥォ・シャオ )

 

【 韓国語 】

비밀번호를 가르쳐 주세요

(ピミルボノルル・カルチョ・チュセヨ)

 

【 スペイン語 】

La clave de Wi-Fi.por favor.

(ラ・クラベ・デ・ウィフィ、ポル・ファボール)

 

【 フランス語 】

Quel est le mot de passe.
(ケ・レ・ル・モ・ドゥ・パッス)

 

【 クロアチア語 】

Koja je ono lozinka.

(コジャ・ジェ・オノ・ロジンカ)


Wi-FiのPASSを聞こう!

Wi-Fiだけで乗り切ろう!

 

ケータイキャリアの国際ローミングサービスはいわゆるパケット定額契約に含まれません。

 

では、上記Wi-Fiスポットを使わず、ケータイキャリアの海外ローミングを使うといくらになるのでしょうか?

・・・意外にするんですよ!
 

【 docomo 】

海外1dayパケ

ハワイの場合 = \1,580/日 

台湾の場合 = \980/日

 

海外パケ・ホーダイ

\1,980円/日(~25MB)

\2,980/日(25MB~)

 

【 au 】

海外ダブル定額

\1,980円/日(~24.4MB)

\2,980/日(24.4MB~)

 

【 Soft-bank 】

海外パケットし放題

\1,980円/日(~25MB)

\2,980/日(25MB~)

 

いずれも1日あたりの料金。一応二段階料金ですがデータ容量も少ない。国内の感覚で使うのは厳しそうです。

 



海外ローミングで高額な通信料を請求されないため!

そんな高額な海外データローミング、アプリの自動更新などで使われた日にはたまったものではありません。 

ですがご心配なく!3GやLTEに繋げない方法があります。

 

設定簡単!おすすめの機内モード

・iOSの機内モード設定

 コントロールセンターを表示して飛行機アイコンをタップするだけ!

 

・Androidの機内モード設定

「設定」→「無線とネットワーク」→「機内モード」でOK!

 

 

電話のみローミング、データ通信はWi-Fiのみとする設定

 

・iOSの設定

 「設定」→「ネットワーク」→「モバイルデータ通信」のチェックを外す

 

・Androidの設定
「設定」→「無線とネットワーク」→「モバイルネットワーク」
「データ通信」と「データローミング」のチェックを外す

 

覚えておきましょう!



まとめ

 

実は日本のように高速な3G回線やLTE回線が当たり前に使える国は少ないのです。(株)情報通信総合研究所の調べによると新興国の3Gの普及率は以下の通り

・フィリピン 8%

・ベトナム 15%

・インド 4%

・マレーシア 52%

・トルコ 64%

 

これらの国でもスマートフォンやタブレットは大人気です。もちろん彼らが使っているのはWi-Fiスポット。当然Wi-Fiスポットのあるお店や施設は人気となりますから、大きくその表示を出しているところがほとんど。

 

日本でもコンビニや山手線の駅など無料でWi-Fiを利用できる施設があります。今後オリンピック開催に向けてますます普及していきそうですね。

 

海外旅行前に国内のWi-Fiスポットで接続の練習をしておくのもおすすめですよ! 



 
 
 

本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。また、各記事、情報に関する著作権は、その各作成者または提供者に帰属します。