トップオトクに > 無料でここまで?!Office Onlineを使ってみた(EXCEL編)

記事

記事アイコン

2014.03.20

無料でここまで?!Office Onlineを使ってみた(EXCEL編)
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加



ついに終焉・・・Office2003!

2014年4月9日はWindows XPのサポート終了日。ニュースでも賑やかに報じられるようになってきました。

この日以降、ウィルス感染や外部からの攻撃に対する更新プログラムがされなくなります。それ以降もWindows XPを使いたい方はネットから外して使うか、新しいOSを搭載したパソコンを購入しましょう。

 

さて、意外と知られていないのですがもうひとつ同じ日に終了する大物があります。

 

それがOffice2003。

 

こちらもセキュリティ更新プログラムの提供が止まりますので、そのままにしておくと作ったファイルにウィルスを埋め込まれる危険性も。つまり取引先などに送るデータとしては不適切と言うことです。

 

でも新しいOfficeソフトを買うのは結構お金が掛かるしな~というあなた。というかぼくにとって、とっても素敵なサービスが提供されました。それがOffice Onlineです。

 

さてどんなサービスなのでしょうか。


ついに終焉・・・Office2003!

無料で使えるOffice!

Office OnlineはMicrosoftが提供するクラウドサービスのひとつです。

ブラウザー上で、Office2013と極めて似た操作感のオフイスアプリを利用することができます。


元々は「Office Web Apps」という名称でしたが、2月19日に「Office Online」と改め、内容もよりパワーアップしました。


無料で使えるOffice!

Microsoftアカウントがあれば使える!

利用は簡単! Microsoftアカウント(無料)を登録すればすぐに使えます。

 

Microsoftアカウントは新規に登録しなくても、WindowsLiveメールや、OneDrive(Sky Driveから改名)、さらにGmailやYahoo!メールも使えるんですよ。

 

図にするとこんなに! SkypeやXboxのアカウントも使えるんですね。


Microsoftアカウントがあれば使える!

ACCESS以外全部ある

OfficeOnlineに揃っているアプリは以下の通りです

・Word Online(ワープロ)

・Excel Online(表計算)

・PowerPoint Online(プレゼンテーション)

・OneNote online(デジタルノート)

・Outlook.com(メール)

・OneDrive(クラウドDB)

・People(電話帳)

・カレンダー



使ってみよう

Microsoft アカウントで以下サービスにログインします。

https://products.office.com/ja-jp/consumer


使ってみよう

次に上部にある「OFFICE ONLINE」を押します。

あとは使いたいアプリケーションを選択するだけ!

すごいぞ!Excel Online!

今回は『EXCEL男子』ことらく活スタッフ KOUがExcel Onlineを実際に使って、通常のExcel2010と比較してみました。

 

まず起動の速さに驚き!そもそもインストール不要でWebブラウザからそのまま起動します。このスムーズな流れは好印象ですね。

 

そして見た目ですが、ツールバーもEXCEL2010そのままなので作業にすんなり取りかかれます。フォントや色の変更も問題なくできますし、関数だってちゃんと反映されます。


すごいぞ!Excel Online!

計算速度はやや劣る

ただし優れた面ばかりではありません。 

思いっきり負荷の掛かる計算は時間が掛かります。

 

今回、あえて4万セルを別シートの4万セルの中から探す(16億回のマッチング)という計算を試してみたのですが、 Excel2010に比べて4~5倍近くの時間がかかりました。

何回か試して見ましたが、この速度はクラウド側の込み具合や通信速度によっても変わるようです。

 

使い勝手は改善の余地有り

また、関数の参照も直接記入する方法のみとなります。式を呼び出して使うやり方に慣れている人には少し難しいかも。



 

その他に当たり前と思っていた操作が反映されないこともちょっと気になりました。

 

例えばセルを別シートにコピーすると「値貼り付け」となり、関数が反映されません。

 

あとはCtrlキーでの移動ができないことなども少しストレスを感じました。



今あるファイルを開くにはOneDriveから

既にOffice2010などで作成済みのファイルをOfficeOnlineのアプリから開くためにはちょっとコツがあります。

 

それは必ずOneDriveから開かなければならないと言うこと。

 

OfficeOnlineで編集したいファイルがある場合は、あらかじめOneDriveにUPしておきましょう。


今あるファイルを開くにはOneDriveから

作成したデータをダウンロード

ダウンロードももちろんOneDriveから行います。

やり方は簡単。

対象のファイルを選択して上部の「ダウンロード」を押すだけです。



実際にOfficeOnlineで作ったファイルをOffice2010で開いてみました。

拡張子はxlsxで同じになり、特に問題無く表示されますね。

 

左がOfficeOnline 右がExcel2010です。



共有・公開が簡単

特定の個人、グループに作成したファイルのアクセス権を与えて共有することができます。 

やり方は上部の共有をクリックして共有する相手を記入するだけ。

 

共有用のファイルサーバーを用意していない小さな会社や、グループで使うには良いです。旅行の行き先やスケジュールをみんなで決めると言った使い方もできそうですね。


共有・公開が簡単

まとめ

ネット回線の速度や、パソコンの速度にも依存すると思うのですが、自宅と職場で試した限りは快適に使えました。マウスの反応は若干遅れる感じもりますが、これも使っていくうちになれますね。

 

さすがにクラウドサービスだなと思うのが、同じアカウントを使う限りはどのパソコンからでも同じファイルを開けるところ。Dropboxなどのクラウドサービスを使い慣れている方はともかく、そういうものを使い慣れていない方でもすんなり入って行けそうな感じです。

 

いずれにせよここまで使えて無料! Microsoftさんの太っ腹に感謝して、便利に使わせてもらおうと思います。


※会社等で使用する場合、社内のセキュリティ方針に従ってくださいね。



 
 
 

本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。また、各記事、情報に関する著作権は、その各作成者または提供者に帰属します。