トップオトクに > 無料で使える安全なWi-Fiスポット「FREE SPOT」を使ってみた

記事

記事アイコン

2014.02.07

無料で使える安全なWi-Fiスポット「FREE SPOT」を使ってみた
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加



喫茶店で仕事 そんなとき

煮詰まった! これ以上文章が出てこない。

こんなときは場所を変えて気分転換が一番。

有名な小説家先生よろしく、喫茶店で続きを仕上げてみましょう。

 

さて、そんなときに気になるのがインターネット回線です。

皆さん、こんな経験はありませんか?

 

「お店の中で電波が届かなくて困った!」

「スマートフォンの従量制通信が気になる!」

「スマートフォンのテザリングでバッテリーが減るのが嫌だ!」

「お店で使えるWi-Fiが有料会員専用だった」 

 

こうした問題の手助けになるのが「FREE SPOT(フリースポット)」

こちらは無料で使えるWi-Fiスポットです。

 

今回は知っているようで意外と知らない「FREE SPOT」の使い方をご紹介します。


喫茶店で仕事 そんなとき

FREE SPOTは無料で安全

FREE SPOTは、無料で安全に使えるWi-Fiスポット。ブロードバンドルーターで有名な株式会社バッファローを主幹事とするFREE SPOT協議会により、推進されています。

 

 

主に宿泊施設、飲食店、公共施設などで提供されており、お店のサービスを利用することなどを前提に無料で利用できるようになっているんですよ。

 

 

その数なんと11,430件 

(2014年2月7日 現在)

 

素通りするだけだった喫茶店が実はFREE SPOTを提供しているかもしれませんね。


FREE SPOTは無料で安全

FREE SPOTを探そう

どのお店で使えるのか、事前にFREE SPOT協議会のWebサイトで検索してみましょう。

 

こちらからどうぞ↓

 

無線でネット FREE SPOT

 http://www.freespot.com/index.php

 

どんな施設なのか、営業時間は何時か、電源は使えるのかなど細かい情報も検索できますよ!

 


FREE SPOTを探そう

調べてみたら、なんと会社のすぐ近くにあった喫茶店で利用できることを発見! 以前行った際にスマートフォンの入りが悪くて苦労した覚えがあったのですがそんな良いものが導入されいたのですね。

 

ということで、早速その喫茶店に行ってきました!



スマートフォンからFREE SPOTを検索

FREE SPOTを使う為の手順は大きく次の3つになります。

 

1,Wi-Fi対応端末からFREE SPOTを検索する

 

2,接続パスワードをを入力する(パスワードが掛かっている場合)

 

3,FREE SPOTのページにてメール認証を行う

 

 3番めは初めての接続の際に必要になります。

 

 

それではWi-Fi対応スマートフォンでWi-Fiを検索してみましょう。

FREE SPOTの接続名はそのまま「FREESPOT」と表示されるので見つけやすいのです。

 

ぼくのスマートフォンではこのように表示されました。


スマートフォンからFREE SPOTを検索

繋がりやすい場所とパスワードはお店に確認

うーん、ちよっと電波の入りが悪いようです。

お店の方聞いたところ「3階が一番繋がりやすいです」とのこと。

 

 

お店が広かったり複数階に分かれているとつながりにくい場所があるようです。そんなときはお店の人につながりやすい場所を聞くと良いでしょう。

 

 

パスワードを確認

FREE SPOTの場合、パスワードを掛けるかどうかはお店しだいです。今回利用したお店では掛けられていましたが、店員さんもよく質問を受けるようでさっと教えてくれました。

 

 

ではいよいよ繋げてみます!

 



FREE SPOTの認証ページに飛んだ

接続されたかと思ったら、スマートフォンのブラウザにて、いつものホームページとは異なるページが表示されました。

 

そう、FREE SPOTの認証ページです。

 


FREE SPOTの認証ページに飛んだ

FREE SPOTは初めて利用する際、メールによる認証が必要になるのです。

 

その理由は犯罪や誹謗中傷といった好ましくないインターネット利用を抑止するため。

匿名でのインターネット利用にしないことで、利用者のセキュリテイも保たれているのです。

 

 

フリーメールはNG

このメール認証で用いることができるメールは ISPから提供されたメール、もしくは携帯電話の通信事業者から割り当てられたメールのみ。

G-mailなどのフリーメールは使えないので注意ください。

 

 

そんなことを言ってもフリーメールしか持っていないよ、ということもありますよね。じつはFREE SPOTの認証をしない場合でも10分だけ利用できるのです。急ぎの確認なら何とかなりそうですね。

 

 

広告メールを受け取れば6ヶ月間認証不要に!

 

ここでもう一つ注意しないといけないのが、FREE SPOT協議会からの広告メールを受け取るかどうかの選択。受け取れば以降6ヶ月間はメール認証不要でFREE SPOTを利用できます。

 

一方、承諾しない場合はその認証不用期間が2時間となります。

ただ、この広告配信は現在未実施らしいのでぼくの場合は迷わず広告受取を選択しました。

 



メール認証の登録を行うと、すぐにFREE SPOTからパスワードがメールで届きます。

 



ぼくの場合は広告有りを選択したので、これで6ヶ月間は認証不要!

その他のFREE SPOTも利用できますよ。

 

 



3Gスマートフォンより速かった

FREE SPOTの回線はお店のインターネットを共有させてもらう形です。なので、速いか遅いかはお店の回線状況と、自分の席までのWi-Fi電波次第。

 

一応速度測定をしてみました。

 

まずスマートフォンから。ぼくが使っているのはLTEではなく3Gモデルなのですが、結果は396.75kbps

意外と遅いですね・・・。


3Gスマートフォンより速かった

続いてFREE SPOT

結果は・・・1.39Mbps(1390kbps)

 

3倍以上高速になりました!

RTTなどの遅延が無いため、数字の差以上に快適に感じます。



 

あと何が嬉しいって、これを使っている限りは1日あたりの通信容量制限を気にしなくていいこと。

 

 

結局、FREE SPOT完備の喫茶店で仕事をするつもりが、どっぷりU-NEXTの動画を楽しんでしまいました!



まとめ

無料で使えるWi-Fiスポットというのはじつは危険なものも混じっているのです。例えば空港などでairport_hanedaといったSSIDにてモバイルルーターを開放しておいて、ネットショッピングの際のIDやパスワードをスキミングするという手口など。

 

なので、通信機器大手のバッファローが主催の協議会によるサービスという安心感は嬉しいですよね。

ちなみにこのらくらく活用ウェブを作っているアルテリア・ネットワークス(平成26年2月1日にUCOMと丸紅アクセスソリューションズが合併)もFREE SPOT協議会のメンバーなんですよ。

 

 

速度もまずまず快適。 

自分の行動範囲にあるFREE SPOTや、旅行に行く際は使える場所を調べておくといざというときに安心ですよ。



 
 
 

本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。また、各記事、情報に関する著作権は、その各作成者または提供者に帰属します。