トップ楽しく > 夏だ、ドライブだ! SNSに載せる愛車のナンバープレートを格好良く隠そう!

記事

記事アイコン

2014.08.11

夏だ、ドライブだ! SNSに載せる愛車のナンバープレートを格好良く隠そう!
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加



夏真っ盛りです。

待ちに待った夏休み中という人も多いのではないでしょうか。

 

この時期は海に山にと車が大活躍します。

そんな楽しいドライブの思い出をSNSにUPする際のちょっとした画像加工テクニックをお教えします。

 

以前紹介したPixlrEditorが今回も大活躍しますよ!



なんか違和感・・・

さてまずこちらの写真をご覧ください。

 

ドライブに出かけた際の写真ですが、一応個人情報保護の見地からナンバープレートを隠してあります。


なんか違和感・・・

Windows7などに標準で搭載されているペイントというアクセサリーソフトで四角形を作って隠してみました。

 

車自体は格好良く撮れているのですが、白い部分がいかにも取って付けたようで画面の雰囲気を損ねています。

 

ではどうすればよいか?

 

ナンバーの文字の部分だけを消せば良いのです。

こんなふうに。



ではやり方を説明します。

 

まずブラウザーでpixlr editorにアクセスしましょう。

 

http://pixlr.com/editor/



①「コンピューターから画像を開く」をクリックして編集したい画像を編集画面上に呼び出します。

 

ルーペツールで編集しやすい大きさに拡大。

 手のひらツールで編集対象を中心に持ってきます。



レンタカーだったことがバレてしまいましたが平静を装って続けます。

 

③塗りつぶすための範囲指定を行います

 ツールの上の方にある「投げ縄ツール」を選択

  ↓

 続いて上部のツールオプションバーに表示されている投げ縄の種類から「多角形投げ縄ツール」を選択します

 

 これは範囲をクリックしながら選択していくことで多角形の指定ができるというもの。ナンバープレートのような四角い物にはぴったりの機能です。



④範囲指定 

四隅をクリックしながらカーソルを一周させ、始点の位置で再度クリックします



キチンと選択されるとこのように点線が点滅するように表示されます。

⑤続いて塗り絵の為の色作りを行います。

ツールからカラーピッカーツールを選択しましょう

 

クリックするとカーソルがスポイトの形になります。



⑥そのスポイトをナンバープレートの真ん中に持ってきてクリック

 クリックした周辺の色がパレットに表示されます。



⑦その色を塗ります。ツールからブラシツールを選択しましょう。

⑧ブラシを使う前に、ブラシの大きさを指定します。

 今回は指定された範囲内を塗りつぶすだけなので思いっきり大きいものでOK



ブラシの不透明度100%にしておきます

⑨いよいよ塗っていきます。範囲指定されているのでナンバープレートからはみ出す心配なし。大胆に塗っていきましょう!

塗り終わった状態

 

ナンバーと共にレンタカーの証拠も見事に消えました。



さてこれで冒頭の絵になったわけですが、トヨタ86の奥にあるスカイラインのナンバーが白いのに気づきませんか。

 

これはスポイトツールで色を拾わず単に白で塗ったものです。

比較でそのままにしておきました。

 

やは一手間掛けて色を拾った方が違和感は少ないですね。



レタッチでもっと格好良くしてみよう

さあ、ナンバーは消せましたが良く見るとこの写真、ボンネット部分が明るすぎです。車は花と同じで露出低め(暗め)に撮った方が格好良いのです。

 

ということで明るさを調節してみました。

 

まずメニューバーの「調整」から明るさとコントラストを選択。


レタッチでもっと格好良くしてみよう

明るさを-13と抑えると同時に、

コントラストも-9と低くしました。

 

暗めに仕上げるときはコントラストも低くすると明暗のバランスを保ちやすくなります。



ビネット効果を足してみる

さらに一手間加えてみましょう。ビネット効果という、トンネルから覗いたような陰影を画面周囲に加えてみます。

 

メニューバーの「フィルター」から「ビネット」を選択


ビネット効果を足してみる

この写真の場合はサイズ47程度が良いバランスに見えます。

ついでに左奥のスカイラインのナンバープレートの色も直して完成です。

 

とてもレンタカーでパーキングエリアに停まっているだけとは思えない、落ち着いた雰囲気の写真になりました。



並べるとこんなに違う。



全てのプロセスを切り出して説明すると大変なことをやっているように見えますが、慣れてくると流れ作業のように進められます。

 

pixlr Editorは今もなぜか無料。広告も無し。

こんな凄いサービスを使わない手はありませんよ。

 

 

夏休み、写真を撮る機会もたくさんあると思いますが、今年は一手間掛けてお友達をあっと言わせてみましょう!

 



 
 
 

本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。また、各記事、情報に関する著作権は、その各作成者または提供者に帰属します。