トップ楽しく > ワンセグ非対応のスマートフォン、タブレットでテレビを見る方法

記事

記事アイコン

2014.05.23

ワンセグ非対応のスマートフォン、タブレットでテレビを見る方法
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加



もうすぐ6月、待ちに待った「2014 FIFAワールドカップ」が開催されます。
楽しみですね!これはやはりリアルタイムで観たいものです!
 
しかし試合はブラジルで時差は丸半日・・・
前回の南アフリカは時差7時間でしたが、今回も日本代表の試合をリアルタイムで観るには根性が試されそうです。
 
ひとまず現在予定されている日本代表の試合時刻をまとめてみました。
 
1試合目(vs コートジボワール):6月15日 日曜日10時
2試合目(vs ギリシャ)    :6月20日 金曜日7時
3試合目(vs コロンビア)   :6月25日 水曜日5時
 
W杯全64試合の放送スケジュールはこちらのまとめサイトが便利
 
1試合目は日曜なのでなんとか観れそうですが、
2試合目と3試合目が通勤時間と重なってしまいます。
しかも予選を通過した場合の準決勝もキックオフはAM5時の予定!
 
うーん、有給あとどれくらい残ってたかな?


ワンセグが非対応・・・でも大丈夫!

ワンセグを使って通勤電車で観れば大丈夫!
と、思いましたがぼくの携帯電話はiPhone。
タブレットもNexus7で両方ともワンセグ非対応!
やはり会社を休むしかないかと思ったいたら例によって良い物を見つけました。
 
外付けのワンセグチューナーです。


今のワンセグチューナーはコードレスだった!

外付けのワンセグチューナーはバッファローの「ちょいテレ」など、以前から存在していました。

ただ、直接スマートフォン本体に取り付けるタイプはアンテナを含めた結構大きな外観が見た目も使い勝手もスポイルしていたのは事実。

電車で取り出してもちよっと目立ってしまいますよね。

 

その点、今回ご紹介するサンワサプライのワンセグチューナー「400-1SG003」は考慮されています。

なんと、Wi-Fiによるワイヤレス接続と、専用アプリでAndroidにもiOS機器でも利用可能になるんです!


今のワンセグチューナーはコードレスだった!

型番:400-1SG003

実売価格:8,980円

※「サンワダイレクト」のWEB限定商品となっています。

 

サンワダイレクト

http://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/400-1SG003



専用のアプリを使って視聴するのでインストールが必要です。

 

iDTV WiFi

 

Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.elgato.eyetv.wifi.idtv&hl=ja

 

iOS

https://itunes.apple.com/jp/app/idtv-wifi/id675540752?l=en&mt=8



iPodTouchでワンセグが見られた!

さっそくiPodTouchにインストールしてみました。

モバイルワンセグチューナーとはWi-Fiルーターとの接続の要領で該当のSSIDにパスワードを入力すれば認証OK。

その後アプリiDTV Wi-Fiを起動すれば簡単にワンセグ視聴が始まりました。

 

iPodTouchで見るワンセグ。とても新鮮です。


iPodTouchでワンセグが見られた!

 ※画面画像はモザイク処理を施してあります

 

 

それにしても触っていてつくづく感心させられたのが

このモバイルワンセグチューナーの小ささと軽さ。 

 

縦40mm x 横64mmと大きめの消しゴムくらいのサイズ

重さもたった45g

 

アンテナをめいっぱい伸ばした状態でワイシャツのポケットに入れてみましたが全然目立ちません。これは電車通勤でも邪魔にならず使えますね。



バッテリーもフル充電で3時間半も稼働しますよ!

 

 

これは気が利いているなと思ったのが付属の外付けアンテナ。

建物の中とか、ワンセグが入りにくい場所って多いんですよね。

そんなとき、アンテナを電波の入りの良い場所においてコードで延長することができます。



さらにスマートフォンやタブレットパソコン本体とはワイヤレス接続で最大8メートル延長できます。

防水仕様のスマートフォンならアンテナとモバイルワンセグチューナーを窓際に置いてお風呂でテレビを楽しむという使い方も可能ですね。

 

自室のテレビが欲しいと思っていた人は、これと安価なタブレットパソコンという組合せを検討されてはいかがでしょうか。



けっこう使えるiDTVアプリ!

さて、視聴に用いるiDTVもなかなかすぐれた機能が搭載されているのでご紹介します。

 

ボタンひとつで簡単録画 

画面をタップして録画ボタンをタップするだけで録画可能。

放送内容によりますが、サッカー1試合(2時間)ですと約2.4GBになります。

 

録画機能中は画面のロックがかかります。

また、録画ボタンをもう一度タップするか、アプリを終了すると録画が停止し、保存されます。


けっこう使えるiDTVアプリ!

録画した番組はTOP画面にある録画番組のタブへ。

こちらを開くと録画した番組が一覧で表示されます。



番組表 

今放送されている番組と次の番組を一覧で確認することができます。

 

これで試合の開始時間と終了時間が分かります。終了間際に休憩時間を合わせるとか、工夫のしがいがありそう。



タイムシフト機能 

この機能をオンにしておけば、録画設定していなくても

再生中の番組を巻き戻して再生できます。

※再視聴できるのは実際に視聴したシーンのみです。

 

この機能でゴールの瞬間をもう一度!



タイムシフトバッファ機能 

移動中などワンセグ信号が途切れがちな視聴環境でありがたいのがこのタイムシフトバッファ機能。

事前にデータを読み貯めておき、受信が途切れても貯め込んだ分、視聴できます。

 

設定画面から変更することができ最大2GB(約76分)読み込むことができちゃいますよ!

 

この方式のネックは完全なリアルタイム視聴ではなくなること。ゴールの盛り上がりがひとりだけ遅れてやってくることになりますので、盛り上がり方には注意しましょう。



フリックでチャンネル切り替え

左右に画面をスライドさせるだけでチャンネルの切り替えができます。それにしてもこの違和感の無さは異常。まったく自然にチャンネル切替ができるのは快感を覚えるくらいでした。



iOSだけの機能

バックグラウンド再生

音だけ聴いていたい、という時に便利なのがバックグラウンド再生。アプリの設定から「バックグラウンド再生」をONにすればSNSをチェックしながら番組を聴くことができます。

 

運転中でも安心ですね。


iOSだけの機能

字幕機能

端末を消音にして設定から字幕をONにすると画面の下に字幕が表示されます。

 

音が出せなくてイヤホンも付けられない、例えば病院の待合室などでも番組を楽しめます!



まとめ

モバイルワンセグチューナーをわざわざコードレスにする意味ってあるのかな、と思った本商品紹介ですが、電波の入りやすいところを探しておけるという使い勝手の良さと、コードレスならではの取り回しの良さは想像以上でした。
 
Nexus7やiPadなど大画面をもつタブレットパソコンとの相性もバッチリ!

 

お値段は約9,000円とそれなりにしてしまいますが

4年に一度のワールドカップ観戦をリアルタイムで楽むという贅沢と引換と思えばその価値がありそう。

 

全試合観れないにしてもせめて日本戦は観たいという皆さん、

ワンセグ画面でブラジルにいる日本代表に応援を!

がんばれニッポン!



 
 
 

本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。また、各記事、情報に関する著作権は、その各作成者または提供者に帰属します。