トップ楽しく > Google Skyで宇宙旅行

記事

記事アイコン

2013.09.12

Google Skyで宇宙旅行
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加



9月12日は宇宙の日

みなさん、本日9月12日は「宇宙の日」なのだそうです。ご存知でしたか?

 

1992年に文部科学省(当初の科学技術庁)と文部省宇宙科学研究所が制定(日附は一般公募で決定)したそうです。
かつて宇宙飛行士の「毛利 衛(もうり まもる)」さんがアメリカのスペースシャトル「エンデバー」で宇宙へと出発した日も1992年9月12日でした。20年以上前なんですね(しみじみ)。

 

今はまだ一部の研究者やスペシャリストが地球人の代表として宇宙へ出発していますが、

そう遠くはない未来、海外旅行に行く感覚で私たち一般客が宇宙旅行に旅立てる日が来るかもしれません。

 

とはいえ、私たちが今すぐ宇宙に行くのは難しいですよね。シュン。

 

いや、あきらめるのはまだ早い。

そんな私たちにぴったりな、バーチャルで宇宙探索ができる無料のサービスがあるのです!

その名も「Google Sky」。そう。あのGoogleが提供しています。

 

さあ、皆様も「Google Sky」で今すぐ無料で宇宙へと出発してみませんか?



宇宙へと出発

方法は2つあります。

 

(1) WEB版の「Google Sky」を開いて楽しむ。

 

(2) アプリ「Google Earth」をダウンロードする。

 

 

 

それでは(1) WEB版の「Google Sky」を開いて楽しむ方法から。

 

Google Skyにアクセスするだけ。

簡単でしょ(笑)

 

アクセスすると


宇宙へと出発

こんな画面が表示されます。

なんとなく平面的ではありますが、

画面下にあるメニューで星座や特定の星も選択可能。

 


さらに画面右上にある「歴史的」というタグを使えば歴史的天体図を重ね合わせることができます。

 

うーん、ロマンチック!



もっと精密に宇宙を見る方法 Google Earth

 

それが

(2) アプリ「Google Earth」をダウンロードする。 

です。

Google Earthは地球上だけでなく、なんと宇宙を見ることもできるんです!
(バージョン4.2以降対応です)

 

まずGoogle Earthをダウンロードし、起動します。

Google Earth

 



 上のメニューバーにある惑星のマークから「星空」を選択します。



すると満天の星空が!

左のレイヤーから表示にしたい情報を選んだり、 観たい星や星座を自動で表示することもできます。

 

リアル感たっぷりな宇宙空間でけっこう驚きますよ。

さあ、思う存分宇宙空間を探索しましょう!

 

 



裏技発見! Google Flight Simulator

そもそもが無料であることを信じがたいGoogle Earth。さらに驚くべきは、フライトシミュレーターなる裏技を搭載してるってこと。これも無料。

さすがGoogle!

 

さて、このフライトシミュレーター、ちょっと練習は必要ですが、慣れれば全世界どこでもゆっくり、バーチャルフライトすることができます。

操作方法をご紹介しますので、この連休にでも練習してみましょう!


起動の仕方は「Ctrlキー+Alt+A」を同時に押すだけ。

 

機体は「バイパー(F-16)」と「プロペラ機(SR22)」から、

開始位置は現在の位置と特定の空港から選べます。

 

無くても大丈夫ですが、ジョイスティックも対応してます。本格派の人は揃えられるとより楽しめますよ。


裏技発見! Google Flight Simulator

操作方法を簡単にまとめておきます。

 

起動 Ctrl+Alt+A or Escape
終了 Ctrl+Alt+A or Escape
パイロットの視点を回転 矢印キー+Alt
ヘルプを表示する Ctrl+H
推力アップ PageUp
推力ダウン PageDown
補助翼左(傾き)
補助翼右(傾き)
昇降舵を押す(機首を下げる)
昇降舵を引く(機首を上げる)
垂直尾翼左(垂直旋回) Insert or Shift+←
垂直尾翼右(垂直旋回) Enter(テンキー) or Shift+→
昇降舵トリム下向き(機首の調整) Home or Shift+↑
昇降舵トリム上向き(機首の調整) End or Shift+↓
フラップ下降設定(上昇率の調整) 左かっこ(<) or Shift+F
フラップ上昇設定(上昇率の調整) 右かっこ(<) or F
補助翼と垂直尾翼を中央に戻す 5 or C
着陸装置の展開/格納 G
左輪ブレーキ ,(カンマ)
右輪ブレーキ .(ピリオド)
一時停止 Space
HUDの切り替え H

 

 

※初めての方へ

すぐにマウスで操作しようとすると墜落すると思います(某スタッフはすぐに墜落しました)。

 

フラップ上昇・下降設定

昇降舵トリム上・下向き 

と、←↑→↓あたりを駆使して、

まずはマウスなしのキーボードキー操作でのフライトがオススメデス。



最初のうちは難しいですが、慣れてくると無料で楽しい遊覧飛行を楽しむことができますよ。

 

火星を飛ぶ 

 

更になんと上のメニューバーにある惑星のマークから「月」や「火星」を指定して、 フライトシミュレーターを起動すると、月や火星を飛ぶことだってできちゃうんです。ちょっとこれ、素敵すぎでしょ!



 さぁ皆さんもちょっと変わった宇宙旅行に出発してみてはいかがでしょうか?

 

なお、GoogleEarthを快適に使うには高速なインターネット回線が必要になります。

UCOM光の快適環境は腕試しにもぴったり。ぜひ挑戦してみてください



 
 
 

本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。また、各記事、情報に関する著作権は、その各作成者または提供者に帰属します。