トップ > 便利に

人気記事

  1. いまから"LINE"を始める人が気をつける3つのこと
  2. 無料でここまで?!Office Onlineを使ってみた(EXCEL編)
  3. モバイルデバイスの容量不足とさよなら! Wi-Fiで繋がるポータブルHDDで無尽蔵の容量を
  4. 驚くほど小さいWi-Fiルーター「W300P」が便利すぎる
  5. 意外と重要だったハードディスクの「捨て方」
  6. HDDの整理がはかどるファイルコピー高速化ツールとは?
  7. 無料で使える安全なWi-Fiスポット「FREE SPOT」を使ってみた
  8. 家庭用プリンターよりお得?ネットプリントやコンビニプリントはこう使うのがおすすめ!
  9. ワンセグ非対応のスマートフォン、タブレットでテレビを見る方法
  10. 世界が変わる縦画面ディスプレイ
  11. 無料で使えるOffice互換ソフトを試してみよう
  12. 全国のラジオが聴ける「radiko.jpプレミアム」を使ってみた!
  13. 祝 無料化! Microsoft謹製クラウドノート『OneNote 2013』はこう使おう!
  14. デジカメの画像をブログUP用に一括変換してくれるソフトが便利すぎて惚れた
  15. 夏休み前にチェック! 海外旅行先での無料Wi-Fiの使い方
  16. 入門用PCオーディオプロセッサーで、高級CDプレーヤーに挑んでみた!
  17. 整理好きなあなたに!LINEリスト整理術!
  18. まるで有線放送!? 注目の聴き放題サービス4種類を比較してみた
  19. 絶対おすすめ!無料の画像処理サービス
  20. Windows 8.1マシンを自作してみた

新着記事

パソコン快適化計画 0円でメモリ空き容量を増やそう!

パソコンを使っていて重いと感じたらまずタスクマネージャーを確認!やっぱりメモリの空き容量が少なくなっていました。今回は無料でメモリの空き容量を増やす方法をご紹介します!

(2014.07.18)

続きを読む
Wi-Fiでつながる意外な物ベスト3

リドリー・スコットの名作SF映画「ブレードランナー」の時代設定(2019年)まであと5年!今回は未来に一歩踏み出せそうなWi-Fi製品を3点ご紹介します!

(2014.07.11)

続きを読む
専用品はやっぱりイイ! Windows Live メールに切り替えて唸らされた3つのポイント

メールを複数使いこなすのが一般的になってきましたが複数ページでログインして開くのは正直面倒!でもWindows Live メールなら様々なメールを一括管理できますよ!

(2014.06.27)

続きを読む
Dropboxでの『辞書』や『お気に入り』の同期が完璧すぎる件

「らくらく活用ガイド」誌面で紹介して好評だったクラウドサービスを用いた複数の端末間でIME(辞書)を同期させる方法とInternet Explorerでお気に入りを同期する方法を紹介します。

(2014.05.16)

続きを読む
HDDの整理がはかどるファイルコピー高速化ツールとは?

ファイルコピーに掛かる時間は縮められるのです。連休を利用してHDD内のフォルダを整理しましょう。

(2014.04.30)

続きを読む
UCOM光利用者にお勧めのWiFiルーター Aterm WR8165N

WiFiルーターってなにを買っていいか迷いますよね。そこでお手軽ながら高性能なWiFiルーター NECアクセステクニカのAtermWR8165Nをご紹介します。

(2014.04.18)

続きを読む
整理好きなあなたに!LINEリスト整理術!

増える一方のLINE友だち。そのせいでリストが見づらいってことありませんか?いくらでも保存できるデジタルデータも整理されていないと価値は半減。今回はそんな人にうってつけの整理方法を紹介します!

(2014.03.07)

続きを読む
第3の入力方法「親指シフト」がじんわりきてる件

最速の入力方法を知っていますか?今回は第3の入力方法「親指シフト」を紹介します!

(2014.02.28)

続きを読む
驚くほど小さいWi-Fiルーター「W300P」が便利すぎる

出張先のホテルに有線LANポートしかなく、泣く泣く3G回線やスマホテザリングをしていた方に朗報です!有線LANを無線化できたり、公衆無線LAN下で便利な超小型ルーターをご紹介!

(2014.01.24)

続きを読む
部屋の模様替えが楽になる便利な道具があった!

年末年始の家具レイアウト変更は大変。2人でらくらくレイアウト変更ができるスグレモノグッズをご紹介♪

(2013.12.27)

続きを読む

本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。また、各記事、情報に関する著作権は、その各作成者または提供者に帰属します。