トップ便利に > Dropboxを用いた辞書とお気に入りの同期

記事

記事アイコン

2014.05.16

Dropboxでの『辞書』や『お気に入り』の同期が完璧すぎる件
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加




今回は「らくらく活用ガイド」誌面で紹介して好評だったクラウドサービスを用いたIME(辞書)の同期方法を取り上げます。
 
パソコンを複数台持っている人は必見ですよ!
 



ぼくはデスクトップタイプとノートパソコンの二種類を使い分けています。
 
デスクトップタイプは自作マシン。たえず最新のCPUに載せ替えて画像編集や複雑なエンコードに活用。
ノートパソコンは喫茶店などで気分を変えて作業したいときに使っています。
 
それぞれ便利に使っているのですが、日本語変換の辞書登録を同期させるのにいつも苦労していました。
 
辞書フォルダを探してバックアップするめんどくささもさることながら、どちらかの辞書データを主として上書きするかでも悩みます。なにせ一方で登録していたものが消えてしまうのですから。



そこで発見したのがDropboxを用いた辞書の同期設定!
 
このやり方で両方のパソコンで垣根無く文章入力ができるようになりました。
 
ということで、以下からはWindows 7に標準で搭載されている日本語変換ソフトMS-IMEの辞書をDropboxで同期させる手法を説明します。



Dropboxを無料インストール

■手順1 Dropboxを使っていない人はまずダウンロードしましょう。

 

Dropbox

https://www.dropbox.com/

 

ちなみに今回はDropboxで説明していますが

MicrosoftのOneDriveなど他のクラウドストレージでも同様な使い方ができます。

 

■手順2 Dropboxを起動してログインしたらMy Dropboxのあるフォルダの確認です。

通常はユーザー名のドキュメントの中に設定されています。

 
■手順3 このMy Dropboxのフォルダにさらに「辞書」というフォルダを作ります。

Dropboxを無料インストール


 

次にMS-IMEの設定です。

 

■手順4  MS-IMEのステータスバー(通常デスクトップ画面右下に表示されています。)のオレンジの工具箱のようなアイコンをクリックし、さらに「プロパティ」をクリック。




■手順5  ユーザー辞書名の枠に辞書が保存されているフォルダが表示されています。これをコピーするか、参照のボタンを押して該当フォルダを開きます。

 

■手順6 開いたらそこにあるファイルをすべてコピー

imjp14cu.dic というような名前がついたファイルが辞書ファイルになります。

 

これをDropboxにコピーしてしまいます。




■手順7 先ほどMyDropboxの中に作成した「辞書」フォルダにms-imeの辞書データを貼り付けます。

 

■手順8 今度は貼り付けたMyDropboxの「辞書」フォルダのプロパティを開いてファイルの場所をコピーしておきましょう。

 

■手順9 最後です。MS-IMEのプロパティに戻って、辞書の参照先にコピーしたMyDropboxの辞書の場所を貼り付けます。




これで辞書を同期させたいパソコンすべてに同様の設定を行うだけで自分だけの辞書を共有することができます。


Internet Explorerのお気に入りも同期できた!

Google chromeやFirefoxは、ブラウザにログインすることで異なる端末間でもひとつのブックマークを共有することができます。
 
しかしInternet Explorerでその機能を使うにはOSが全てWindows 8.1である必要が。
そこでWindows 7やVISTAでもInternet Explorerの同期を行う方法を説明します。



やり方は非常に簡単!

 

■手順1 まず、IEのお気に入りのフォルダを開きます。

通常は、C:\Users\<UserName> の中にあります。

 

■手順2 次にプロパティを開いて、移動をクリック。

移動先にドロップボックスを選べば完了!




同期したいパソコンで同じ設定を行えば、Internet Explorerでもブックマークの同期がバッチリできますよ!




まとめ

各世代合わせるといまだ32%とブラウザにおける高い国内シェアを誇るInternet Explorer。いろんなWEBサイトもこのプラウザで表示することを前提に作られてますから、やっぱり手放せませんね。

 

今回はDropboxで説明しましたが、Microsoftが無料で提供しているOneDriveや、その他のクラウドサービスでも同様な活用は可能です。

 

複数台のパソコンが同じ環境のように使えるこの方法、行動派の方に特におすすめですよ! 

 




 
 
 

本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。また、各記事、情報に関する著作権は、その各作成者または提供者に帰属します。

関連記事

まるでロボット! 思わず欲しくなる、最新ネットワークカメラの凄い機能とは!?

暗視モード、録画、会話、学習リモコン。最新のネットワークカメラはここまでできるというレポートです!

(2015.01.24)

続きを読む
大量のカセットテープをパソコンに保存してみました!

カセットテープをパソコンに保存するための優秀なフリーソフト「♪超録」のご紹介!

(2015.01.09)

続きを読む
キャリアメールはパソコンでも使えた!

ドコモやauの携帯、スマートフォンに付いてくるメールアドレス、いわゆるキャリアメール。これ、最近になってパソコンからも使える様になったってご存じでしたか?

(2014.12.26)

続きを読む
UCOM