トップ便利に > お手軽なのに高性能なWiFiルーター NECUCOM光利用者にお勧めのWiFiルーター Aterm WR8165N

記事

記事アイコン

2014.04.18

UCOM光利用者にお勧めのWiFiルーター Aterm WR8165N
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加




手軽に導入できるWi-Fiルーターはこれ!

UCOM光ご利用の方からときおり、おすすめのWi-Fiルーターについてたずねられます。
 
UCOM光は現在市販されているWi-Fiルーターのほんどと簡単に接続できるのですが、なかでもお手軽価格ながら高機能な一台として、今回はNECアクセステクニカのAtermWR8165Nをご紹介します。
 
こちらの製品の特徴は5つ
 
・コンパクト
・簡単
・安価
・Wi-Fi中継機になる
・Wi-Fiコンバーターにもなる
 
実売価格はネットで3,000円程度 (2014年4月18日現在)
では順を追って説明していきますね!

手軽に導入できるWi-Fiルーターはこれ!


コンパクト!

まずその大きさなのですが、並べるとiPodTouchより低い。

 

高さ109mm (iPodTouch 121mm)

幅 76mm

奥行34mm


コンパクト!


でもWi-Fiルーターって、もともそれほど大きな物というイメージはありませんよね。

 

 




では少し前の製品と比べて見ましょう。


結構違いますね!

 

左側のWi-Fiルーターは同じくNECアクセステクニカのWR8160N。

2011年発売の製品です。

 

小さくなっても、802.11n対応やデュアルチャネルを用いた最大300MbpsのWi-Fi通信など、機能はほぼ同等なんですよ。




ただしLANポートはWR8165Nの方が1つ少なく、3つに。

パソコンとプリンター、NASなど3台までの有線接続を同時に利用できます。




簡単!

もともUCOM光はインターネット接続するまでの設定がとっても簡単です。というか、設定がいらないのが特徴。FTTH(光インターネット)では数少ない自動接続(DHCP)方式でインターネットへの接続が完了します。これは任意加入型のspaaqs光も、全戸一括加入型のUCOM光 レジデンスも同じ。

 

なのでWiFiルーターの設定もすごく簡単!

 

新たに購入したWi-FiルーターならUCOM光回線につなぐだけで完了。それ以外なにもする必要はありません。

 ※別のFTTHを利用していたWiFiルーターとUCOM光回線を接続する場合は一度初期化する必要があります。

 




Wi-Fiルーターと子機の接続も簡単!

そうしてインターネットに接続されたWi-Fiルーターと、iPadやノートパソコンなどのWi-Fi対応機器をどう接続するか。

 

当然、最新の製品らしく「WPSボタン」や「らくらくネットスタートボタン」にも対応しているのですが、AndroidやiOS機器ってWPSボタンでの設定ができないんですよね。

 

そこで、本製品は「AtermらくらくQRスタート」と呼ばれる機能を搭載。WR8165N本体背面にあるQRコードをスマートフォンやタブレットパソコンのカメラで読み取るだけで設定が完了します。

 

 

 




 

この方式を用いた実際の手順を説明します。

 







安価! 3,000円以下で買えることも

このWi-Fiルーターの大きな魅力のひとつがその価格。

ネットショップや量販店では3,000円以下で買えることもあるのです。(2014年4月18日時点)

 

この価格帯のWi-Fiルーターは他にもありますが、NECアクセステクニカ製品というのがちょっと驚き。いい時代になりましたね。




Wi-Fi中継機になる

WR8165NはさらにWi-Fi中継機にもなります。

 

今Wi-Fiルーターをお使いの方で、どうしても届かない部屋や場所があって困ることってありませんか。

 

そんなとき、Wi-Fiルーター(親機)と、子機の中間地点にWR8165NをセットすることでWi-Fi電波を中継してくれるのです。

 

 

 


Wi-Fi中継機になる


Wi-Fi中継モードにするためには2つの手順にて行います。

 

1,本体底部にあるスイッチでルーター→ブリッジに切り替える

 

2,本体にWebブラウザからアクセスして、Wi-Fi中継モードを選択

 

以上で完了です!




Wi-Fi子機は中継機にアクセスする場合はWi-Fi親機のSSIDで接続できます。中継機のSSIDは使わないのです。

 
注意点

 

1,対象機器は限定

 

Wi-Fi中継モードとしての動作はNECアクセステクニカでは同社検証済みの製品のみが保証対象となります。

(2013年1月時点の情報)

WR9500N、WR9300N、WR8750N、WR8600N、WR8370N、WR8175N、WR8165N、WR8160N

 

その他詳しい設定方法はこちらを参照下さい

http://121ware.com/product/atermstation/websupport/guide/category/extension/wds/005/index.html

 

ネット上では他メーカーの機種との連携が成功した例も報告されていますので、気になる方はまず調べてからトライされることをおすすめします。

 

2,速度は半減

 

Wi-Fi通信チャンネルをWi-Fi親機とWi-Fi中継機で折半して利用しますので速度は半減します。例えば30Mbps出ていたなら15Mbpsに。

でも、通信が不安定な状態だと1Mbpsも出ないこともあるわけですから使い勝手は間違い無く向上しますよ。

 




Wi-Fiコンバーターにもなる

Wi-Fiに対応していないテレビや、レコーダー、ゲーム機。こうした機器をインターネットに接続するために便利なのがWi-Fiコンバーターです。

 

WR8165Nは上記Wi-Fi中継機の手順で、Wi-Fiコンバーターとしても使える様になります。


Wi-Fiコンバーターにもなる


買い換えにもおすすめ!

パソコンは買い換えてもWi-Fiルーターはそのままという方、意外と多いのでは無いでしょうか。
 
買換でWi-Fiの使い勝手がぐっと向上するかもしれませんね。
 
 



 
 
 

本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。また、各記事、情報に関する著作権は、その各作成者または提供者に帰属します。

関連記事

まるでロボット! 思わず欲しくなる、最新ネットワークカメラの凄い機能とは!?

暗視モード、録画、会話、学習リモコン。最新のネットワークカメラはここまでできるというレポートです!

(2015.01.24)

続きを読む
大量のカセットテープをパソコンに保存してみました!

カセットテープをパソコンに保存するための優秀なフリーソフト「♪超録」のご紹介!

(2015.01.09)

続きを読む
キャリアメールはパソコンでも使えた!

ドコモやauの携帯、スマートフォンに付いてくるメールアドレス、いわゆるキャリアメール。これ、最近になってパソコンからも使える様になったってご存じでしたか?

(2014.12.26)

続きを読む
UCOM