トップ便利に > 驚くほど小さいWi-Fiルーター「W300P」が便利すぎる

記事

記事アイコン

2014.01.24

驚くほど小さいWi-Fiルーター「W300P」が便利すぎる
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

急な出張に潜む落とし穴



「明日のプレゼン、君に代役を頼みたいんだ。で、今晩大阪に飛んでくれない?」

夕方5時に聞く台詞としてはなかなかのインパクトです。

 

 

明日使うという提案資料もまだできていないそうですが、部長からは「今事務所で作ってるからホテルについたら部屋のインターネットからダウンロードしてね!」との指示。一緒に、Wi-Fiで使えるタブレットパソコンを持たされました。

 

まあダウンロードできるっていうならいいか。



 

と思っていたらホテルにてまさかの事態!

 



有線LANじゃないですか!

 

ホテルのインターネットってこれのことか・・・・。

 

会社から持たされたタブレットパソコンには有線LANポートなんてないよ!



 

うーん、しょうが無いから自分のスマートフォンのテザリングで繋いでみるか。

 

 

え、提案資料のファイルサイズ200MB!? 動画入りってなにそれ!

移動中もネット使ってたから、今日はもうそんな大きなファイル落とす通信容量残ってないよ。

 

ぐはぁ…なんて日だ!

 



そんなときの「超小型Wi-Fiルーター」

前置きが長くなりましたが、今回はそんなシチュエーションに慌てないための便利グッズ、超小型Wi-Fiルーターのご紹介です。

 

 


そんなときの「超小型Wi-Fiルーター」

名刺の半分サイズの超小型Wi-Fiルーター

NECアクセステクニカ社製 AtermW300P

http://121ware.com/product/atermstation/product/warpstar/w300p/

 

大きさや厚みは、ミントキャンディのケース

とうていWi-Fiルーターとは思えない大きさですが、きちんとIEEE802.11n/g/b(2.4GHz帯)に対応しているのです。


名刺の半分サイズの超小型Wi-Fiルーター

くらべてみた

幅はIC定期券の約半分
くらべてみた

厚みはボールペンと同じくらい。



WPSボタンで簡単設定

実際につないでみましょう。

 

接続のための手順は2つ。

1,W300Pを有線LANにつなぐ

2,W300PのWPSボタンを押してから、子機のWPSボタンを押す。

これだけです。

 

 

一度設定した機器(子機)は次から自動でつながるようになります。

WPSボタンで簡単設定



アプリを使えばもっとかんたん

もっと簡単なやり方も用意されています。

 

スマートフォンやタブレットパソコンなどQRコードを読み取れる機器なら、専用の無料アプリ「らくらくQRスタート」をダウンロードしましょう。

 

あとは本体に添付のQRコードを読み取るだけで、 AtermとのWi-Fi設定が完了します。 スマホを手動設定する際の面倒な暗号化キー入力も必要無いのです!

 

※ カメラ機能に対応しているスマートフォン、タブレットでご利用いただけます。オートフォーカス機能がないカメラや、解像度が低いカメラではQRコードが認識できないことがあります。

 

 

らくらくQRスタート for Androidダウンロード(無料)はこちらから

らくらくQRスタート for iOSダウンロード(無料)はこちらから



スマートフォンの充電ケーブルで動きます

W300Pがこんなに軽くて小さいのはバッテリーを持たないから。

なので、使用中はパソコンとUSB接続するか、ACアダプターをつなぐ必要があるのですが、なんとスマホの充電ケーブルやモバイルバッテリーでも動くとのこと。なんともおおらかじゃないですか。

 

とにかく、これでスマホもタブレットもホテルの回線で使いたい放題です。速度制限も気にしなくていいなんて最高!


スマートフォンの充電ケーブルで動きます

公衆無線LANがあるカフェでも大活躍

このW300P、ホテル専用というわけではないのです。意外な活用方法があることがわかりました。

 

例えばぼくの場合、行きつけのカフェに無料で使える無線LANがあり、そこでWi-Fi接続してノートパソコンやタブレットパソコンをつないでいるのですが、

 

 

 


公衆無線LANがあるカフェでも大活躍

ノートパソコン、タブレットパソコン、スマホとそれぞれのWi-Fi設定を変更するのが面倒なのです。

 

だからついスマートフォンのテザリングのままタブレットパソコンを使ってしまうことも。通信容量の制限も気になりますが、座る場所によって通信が安定しないのもやっかいです。



 

そこでW300Pです。

なんとこの機器、ホテルの有線インターネットだけじゃなく、公衆Wi-Fiスポットにも接続できるんです。

 

 

自宅であらかじめ使いたいカフェのWi-Fiスポット用の設定を入れておけば、タブレットパソコンやノートパソコンはW300Pとつなぐだけ! 

 

 



例えるならW300Pはバスツアーのガイドさん。

タブレットパソコンやノートパソコンはガイドさんにくっついていくだけでいろんな施設に入れる、そんな感じです。



2つのセキュリティ方式が同時に使える【マルチSSID】

小さくてもNECアクセステクニカのルーターだなと感心したのが、マルチSSIDへの対応。

これ、どんな機能かというと、W300Pへの接続のためにプライマリ側、セカンダリ側二つのSSIDが用意されていると言うこと。

セカンダリ側はインターネットのみ接続できるように設定できるので、例えば友達に一次的に使ってもらうときにも便利!

 

2種類のセキュリティ

AESはもちろん、ゲーム機で用いられるWEPにも対応。

 

基本は強固な暗号キーが用いられるAESを遣えば良いのですが、ゲーム専用機でWEPにしか対応していない場合も大丈夫。 もちろん同時利用可能だから、ゲーム機でネット対戦しながら、パソコンでスカイプだってできるんです!


2つのセキュリティ方式が同時に使える【マルチSSID】

出張や旅のお供にも便利

出張や旅行に行くとき、ゲーム機をもって行く人もいますよね。

W300Pはそんなときも便利!

出張先や旅先のホテルの有線LANポートを無線化して、全国のゲーム仲間との通信対戦にだって参加できちゃいます。


出張や旅のお供にも便利

 

また一緒に旅行に行くモン○ン仲間の3○SにW300Pを設定しておけば、

全員旅先のホテルの有線LANポート経由でインターネットに接続できます。





 

 
対戦だけならインターネットに繋がなくても楽しめますが、
 
インターネットありの合宿のメリットは、インターネットからのみダウンロードできる追加アイテムやキャラ、追加クエストなどのいわゆるダウンロードコンテンツ(DLC)まで楽しめるんです!
 
 


よし、早速全国モン○ン仲間たちに連絡しよう!

今日の報告も終わったし、みんなで朝までHUNTING TIMEだ!



まとめ「W300P」

出張先での提案書のダウンロードの話が最後はネット対戦になってしまいましたが、W300Pがいろいろ使えることはわかりました。

最後にまとめてみます。

 

 

●何ができるのか

1,有線LANを無線LANに変換!

2,公衆無線LANの接続を取りまとめてくれる!

 

●何が良いのか

・モバイルルーターのように、定額の月額料金が掛からない!

・とにかく小さい!軽い!

・異なる暗号化形式でも同時利用可!

・信頼のNECアクセステクニカ社製 Atermブランド!

・実売価格¥2,988~¥4,409と手頃!

 

●微妙な点

・バッテリー非搭載で、常時電源供給が必要。

 

●どんな人におすすめか

・ノートパソコン、タブレットパソコン、スマートフォン、PSPなど、複数のデバイスを持ち歩く人。

・公衆無線LANに契約している人。

・無線LANを提供しているカフェによく行く人。

・LAN接続できるホテルや施設をよく利用する人。

・モン○ン仲間で集まることが多い人。

 

 

ちなみに、パッケージはこんなかんじ。オンラインショッピングでも購入できますよ

 

 


まとめ「W300P」

本機のスペック 

2.4GHz帯のIEEE 802.11b/g/nに対応

約43.8×57.6×13.3mm(幅×奥行き×高さ)の手のひらサイズ。重量は約20g。

接続速度:最大300Mbps(11n倍速モード時)

消費電力:最大2.5W

※給電用USBケーブル(付属あり)もしくはACアダプター(別売)での電源供給が必要。バッテリー機能がないのがタマニキズ。

付属品: LANケーブル(500mm)×1本、給電用のMicro USB-USBケーブル(500mm)×1本

ランプ:POWER(電源)、ACTIVE(ネット接続状況)、AIR(無線LAN状況)、WAN(WANとの接続状況)の4つ。

ボタン類:「らくらくスタートボタン WPS)」、RESETボタンの2つ、

端子類:有線LANポート(100Mbps対応)1つ、Micro USB端子(給電専用)1つ

 

メーカーサイトはこちら

NECアクセステクニカ

 

 

みなさんもお守り代わりに鞄にひとつ、いかがでしょうか。

 

 



 
 
 

本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。また、各記事、情報に関する著作権は、その各作成者または提供者に帰属します。