トップ便利に > ハードディスクの故障を未然に回避!

記事

記事アイコン

2013.08.03

ハードディスクの故障を未然に回避しよう!
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加




ハードディスクはいつか壊れる

1分間に7,200回も回るハードディスク

皆さまの大事なデータが保存されたハードディスク(HDD)はいつかは壊れます。

一般的に言われている平均寿命は「4~5年くらい」といわれています。

 

なぜか。1分に7,200回転なんてとんでもない速度で回っているから。

 

1日2時間使用したとして、4年間12億4千万回転させることに。確かにどこかおかしくなっても不思議ではありませんね。

 

 

長持ちさせる秘訣はメモリーを多く積むこと

メモリーを多めに積むなどして、HDDへのスワップ(一時待避)が頻発するのを防ぐのも長持ちさせる秘訣ですが、それにしてもいつか寿命は来ます。

 

 

スキャンしてHDDの状態を確認しよう

そこで今回は簡単な無料ツールでHDDにおける故障の予兆を知る方法をお教えします!




無料の診断プログラム

データ復旧テクニカルセンターが提供している「HDD SCAN」というソフトがあります。これでHDDの状態を確認してみましょう。

 

実際の操作はとても簡単です。

 

HDDのスキャン手順

以下のリンクから「HDD SCAN」をダウンロード、解凍し、ソフトを起動します。 

HDD SCAN

 

次に「ディスク不良セクタ検査」を選択し次へをクリックします。


無料の診断プログラム


この画面では一番上のディスク不良セクタを選択します。


検査するドライブを選択します。
HDDのパーティション単位での検査ができます。


この画面で検査する領域を指定できます。ハードディスク全体を検査する場合は、そのまま次へ。


検査ボタンを押すとスキャンが始まりますので気長に待ちましょう。

検査時間は容量やメモリによりますが1TBあたり2時間程度かかります。




 

スキャン結果が全て緑なら問題はありませんが、少しでも赤があると危険です。

 

正常(安全です。)




 

セクタの破損あり(HDDの壊れる危険があります。)




もし赤が見つかった場合、HDDの壊れる確率は高いものと考えられます。
データのバックアップを取り、HDDの交換することをオススメします。

 

 

ちなみにHDDを大量に使う企業の代表格であるGoogleが2007年に公表したレポートでは、スキャンエラーの出たHDDが、それから60日以内に故障する確率は、スキャンエラーが出ていないHDDの39倍だったとのこと。10万台以上のHDDのデータからのレポートですから信頼性は高そうです。

 
 
スキャンの実施はほどほどに・・・ 

HDDのスキャン自体もHDDに負荷をかけます。あまり頻繁なスキャンは返って寿命を縮めることになりますので、特に問題が出ていないときは程々の実施としておきましょう。

 




最後にものをいうのはバックアップ

先のGoogleのレポートでは、スキャン結果とは関係の無い故障も多かったとのこと。

HDDスキャンの結果はあくまでも目安として、こまめなバックアップは必須です。

 

らくらく活用ウェブでも紹介しているDropboxなどのクラウドサービスも参考にしてみてくださいね。

 




 
 
 

本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。また、各記事、情報に関する著作権は、その各作成者または提供者に帰属します。

関連記事

まるでロボット! 思わず欲しくなる、最新ネットワークカメラの凄い機能とは!?

暗視モード、録画、会話、学習リモコン。最新のネットワークカメラはここまでできるというレポートです!

(2015.01.24)

続きを読む
大量のカセットテープをパソコンに保存してみました!

カセットテープをパソコンに保存するための優秀なフリーソフト「♪超録」のご紹介!

(2015.01.09)

続きを読む
キャリアメールはパソコンでも使えた!

ドコモやauの携帯、スマートフォンに付いてくるメールアドレス、いわゆるキャリアメール。これ、最近になってパソコンからも使える様になったってご存じでしたか?

(2014.12.26)

続きを読む
UCOM